虫歯の分類と治療法

むし歯の分類と治療法

虫歯は進行状況によって、C0~C4の5段階に分けられます。

それぞれの特徴と治療法は以下のとおりです。

C0 初期虫歯

C0 初期虫歯まだ歯に穴はあいていません。

歯の上面が白濁や茶褐色になっています。

治療方法

歯磨きを充分にしてフッ素とキシリトールを利用し、歯を再石灰化させる。(歯科医師による治療はありません。

C1

c1歯の表面のエナメル質にだけ穴があいてもの。痛みはありません。

治療方法

放置すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要。(プラスチック)

削る部分は最小限。

C2

c2エナメル質の下にある象牙質に達した虫歯。

まだ神経に達していないので強い痛みはないが、冷たいもの、甘いものなどがしみ始めます。

治療方法

削って詰める治療(プラスチック)

削って型取りをし、出来上がってきたものをつける治療(銀歯)

麻酔が必要になることがあります。

C3

c3虫歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態。歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることも。夜間やあついもので痛みがでます。

いずれも、激痛を伴うことが多くなります。

治療方法

麻酔をして、歯を大きく深く削り、神経を取り除きます。

治療回数が増えます。

かぶせ物を作る治療が必要です。

C4

C4神経が死んでしまい、根だけが残っている状態。根の先の骨がとけ「うみ」の袋ができることがあります。痛みは軽減しますが、虫歯菌が血管を通り体の病気を引き起こすこともあります。

治療方法

多くの場合、抜歯することになります。

根がしっかりしていれば、根の治療後、芯を入れて差し歯に出来ることもあります。

差し歯にしてもはずれやすいです。