誰でも受けられるの?!

以前とは異なり、顎の骨の量がかなり少ない人でもインプラノト治療を受けられるようになりましたが、次のような人は、今のところ治療を受けることができません。

歯科イメージ

●全身的な問題

一般の外科手術に耐えられない人

重度の糖尿病、肝臓疾患、心臓疾患、血液疾患などを有する人

頭蓋、顎骨部に放射線照射治療の既往のある人

喫煙量の多い人

薬物やアルコール中毒の人

●局部的な問題

顎の骨が極端に吸収されている人

歯周病がコントロールされていない人

相対する歯との間にスペースがとれない人

歯ぎしりの強い人

 

その他、審美性が強く要求される場合、インプラントでの回復が難しい場合もあります。

また、骨を再生しなくてもよい場合でも、通常、約半年から1年の治療期間が必要となるため、時間的制約のある人には不向きです。

 

インプラント治療は高齢者でも大丈夫?

前述以外の人であれば、インプラント治療はほとんどの人に可能です。

骨粗鬆症と診断されている人でも、不可能ではありません。80歳を超える高齢者の治療例も報告されています。

また、交通事故やスポーツなどのけがで歯を失った若年層の治療も、多く見られます。

▲このページのTOPへ