5倍速 (削る機械)

5倍速コントラ

5倍速コントラ

歯を削る時は、通常2種類の回転切除器具があります

1. タービン(エアタービン)High speed
30-40万/分もの回転数があります。

切削能力が高い
空気で羽を回転させるためスピードが出て風が出ます。
「歯医者さんのドリル」がキーンという音が出るのはこの理由です。

タービンでは歯に対する強い刺激が出ることあり、症例によっては有効ですが、痛みが出ることもあります。

2. 5倍速コントラ Low speed

最大4万回/分程度の回転数です。
5倍速コントラは電気エンジンで回転させるためトルクで切るイメージ。
削る効率はタービンに匹敵します。
風が出ないため、音が静かで振動も少なく、タービンと比べ痛みが少ないです。

 当医院が5倍速を使う理由

5倍速は同等の虫歯でもタービンで削った時に比べ痛みが出にくいということです。

虫歯がある程度大きい象牙質まで広がっている治療の場合、痛みが出ることが多いというのが今までの常識でしたが、5倍速エンジンを使うことでこの頻度が随分減りました。

歯を削る音もだいぶ小さくなり、歯に対してやさしい治療が出来ることです。更に当院の治療チェアは5倍速のコントラの回転数が設定できるようにしました。

小さい虫歯は回転数を低くするなどの工夫をして痛くならない工夫をして診療しています。日常診療ではほとんど5倍速で治療しています。