増築日記(新規開業や増改築する先生向け)

当医院は増築をすることになりました。

2019年10月着工

2019年5月GWに完成予定

そこで、増築に至った経緯と完成までの流れを書いていきます。

新規で開業する先生や継承で増改築を考えている先生に少しでもお役に立てる情報があればと

思います。完成の5月頃まで少しづつ書いていきます。よろしくお願いいたします。

(長文です)

増築を決断した経緯

もともと予防中心の診療スタイルが私の歯科医師としての考え方です。

なので医院の中は歯科衛生士さんを中心とした予防歯科の医院作りを

2008年の改装以来してきました。

メンテナンスに通っていただく患者さんが増え、予約が取りにくくなってきたので、

2017年12月ごろに週6診療体制を決めました。3カ月の準備期間を経て

木曜日診療を2018年3月より開始しました。

(スタッフの協力なしでは不可能です。心から感謝しています)

常勤スタッフは水・木に交代で休み、週5→週6に変更

Drは私(院長)は木休み、妻(副院長)は水休みです。

それでもありがたいことに予約がとりにくくなってきたこと、

スタッフが長く勤務してくれているため、活躍の場を拡げること。

今後の事業展開として勤務医の先生の採用・育成、学べる環境を作っていきたいので、

増築を決断しました。時期は2019年になってからです。

私は2019年12月で45歳になります。

「借金をしてがんばるならこの45歳から55歳までの10年間だろう」と考えました。

自分では、一番伸びしろがある時期と感じます。

もし今の年齢が50歳くらいだと、また違った選択肢もあると思います。

60歳だとしたら、きっと増築はしていません。

ダウンサイジング(縮小)している可能性もあります。

ただしその時に後継者がいて、継ぐとしたら相談すると思います。

しかし子どもが歯科医師になったとしても、一緒にやらなければ、増築はしないと思います。

楽しく準備していこう!

 

増築内容

1 待合室を拡げる(込み合う時間は座れない為)

2 患者さん用のトイレを新設する(1つでは足りなかった)

3 7台→10台(11台配管)

4 勤務医の部屋を作る

5 カウンセリングコーナー(位相差顕微鏡設置)を新設する

6 機械室の新設(地震対策)

外構工事費用

約3200万円(税込み)

中の設備はもちろん別です。

当初私は「少し増築するだけなら、歯科専門の人を設計に関わらなくても良いか」

と思っていました。なので工務店の1級建築士さんだけで図面をひいてもらいました。

図面だけなら、問題はありませんでした。

しかしチェア周りの細部の設計部分や外観のデザインが上手く伝わらないのです。

「機能は問題ないが、外観などデザインの経験値が少ない」、

普段、住宅や会社、工場の図面を引いているわけなので、仕方がないと理解しました。

妻と相談し、専門の業者さん(株式会社バイタルさん)に途中から

入ってもらうことにしました。

2019年5月16日(木)

東京品川へデジタルコミュニケーションフェアへ歯科業者さんと参加しました。

増築にあたり、ネット予約システムを入れ替える必要ありました。

今現在使用しているのは、デンタマッププラス。安いし使いやすいし、言うことないのです。

しかし増築してチェアが増えるとデンタマッププラスでは対応できないことがわかったのです。

各社みて回りましたが・・・。

結論からお伝えすると、ノーザのプレミアムという予約システムを採用しました。

決めては将来的に患者さんのスマホにアプリをいれてもらうと、

予約が取れるシステムがあることです。あとはレセコンと連動しています。

またちょうどIT補助金が活用できることを知りました。満額でおりると、149万9999円です。

2019年8月

地元信用金庫さんから、金利0,75%で3200万を借りる契約をしました。10年で返済予定です。

数年前にチェアを3台交換するとき、1000万借りましたが、

麻酔をしているあいだにハンコを押した経験のある私ですが、

今回は昼休みに来てもらい、ハンコを押しました。

2019年9月8日(日)

歯科衛生士さん4人と新しく入れるチェアを見にKAVOに行きました。

チェア3台購入予定。税込みで1100万はいかないくらい。

今回もチェアの水が消毒ができる設定(+40万ほど)と、

さらに高齢者の患者さんが乗り降りしやすくするため、

(現在使用しているKAVOは高齢者は滑る人がいます)

『足折れタイプ』のチェア(ノーマルより+40万)にします。

なんと愛するうちの歯科衛生士さんたち、

付属の座るイス(オプション20万)も気に入られたご様子

お気持ちは充分に理解できますよ。

でも予算があるからね・・・。

2019年9月

IT補助金申請が通ったようです。ノーザのレセコンが買い替えの時期だったので、

WiseStaff9+と予約システム 併せて購入 約456万です。(300万+156万)

営業マンが両方で購入したほうが、IT補助金交付がされやすいというので、

2つ併せての購入。そして消費税増税前に購入。

クレジットで支払えるか聞いたら、アメリカンエクスプレスとダイナースのみ可能。

しかも手数料4%かかると言われ、+18万も余分な経費がかかるので

結局アメリカンエクスプレスは入らないことにしました。

(毎月の引き落としはアメリカンエクスプレスでできるそうです。持っている人はお得)

予約システムは増築する5月のメンテナンスからなので、1月から使用する感じです

(年内は使わない予約システムですが、しかし毎月の使用料は払わねばなりません)

 

電子カルテ化

カルテは、紙の保管等で、分厚くなっていきます。増築してもカルテ庫には限界があるので

今回10月から電子レセにして、カルテ2号紙のプリントアウトを辞めるようにしました。

本来なら増築後からでも良かったかもしれませんが、きっと忙しくてやれないだろうと判断し

レセコンを買い替えたのをきっかけに、カルテ2号紙の紙出しを辞めました。

各チェアのPCに電子レセビューワーが入っており、それで見れるようにしています。

受付の仕事は減り、中のスタッフの仕事がひと手間ふえた感じです。

 

 

2019年10月1日

この日が日柄が良いということで、地鎮祭を行うことになりました。

急に決まったのですが、なぜかというと9月の中旬まで業者の見積もりが出ていないので

地鎮祭の予定や相談が何にも出来なかったわけです。

8月には図面が出来て、それを管轄の保健所さんに提出し、

了承をいただくという流れがありました。

(私は行かずに材料屋さんに代理で申請してもらいました)

法人だと色々手順を踏む必要があるそうです。(県市町でも異なるそうです)

そこまでは、一応順調。

しかし、図面が出来てからの業者の見積もりに時間がかかりました。(3週間近く)

私は見積もりが高いと、合い見積もりを考えていたという理由もあります。

なので、地鎮祭をするかどうかは話題にもならず、延び延びの流れ。

そしてそこにいなければならない5人。

私(院長)と妻(副院長)、翁先生、業者さん、宮司さんの予定が空いていなければ

いけない。みんなそれぞれ忙しくなかなか予定が合わない。

(しかも10月1日時点で、工事の請負契約書を交わしていない)

ということで、10月1日朝の7時30分から開始 8時過ぎまでに終了。

診療開始に間に合うようにしました。

なかなか朝の7時30分から地鎮祭をする医院はないと思いますが・・・。

バタバタ感が伝わりますよね。新規開業ならこんなことにはならないと思います。

予定通りに行かないのが、普通なのかもしれません。

施行は地元の建築業者さん

設計は地元の建築業者さんの1級建築士さんと株式会社バイタルさん

歯科材料屋は個人で開業されている松崎歯科商店さん

宮司さんの謝礼は3万円です。相場がそれくらいだそうですが、

正直高いとか安いという判断できるものではないのでしょうね。

10月2日

スタッフルームの窓から撮影しています。

植木を移動しています。

翁先生が小学生の時に縁日で買ったという「ボケ」の木が植えてあり、

義父母の家に引っ越しします。松は貰い手があれば、そこへ移動。なければ処分という話です。

10月3日

これからは中の駐車場(自宅用)と外のカーポート(自宅用)を撤去していきます。

「トンカチ」と中にも響く音がするので、診療開始前とお昼休みにしてもらっています。

音がするようになって、慌てて隣近所、前のNPO法人ゆめじろうさん、石川医院さんへ

「工事のご挨拶」に伺っています。(業者さんは事前に行っています)

10月11日

駐車場の屋根、カーポートがなくなりました。

次からは壁を壊します。

←壁

           ↑↑↑↑↑↑ 壁

10月14日

なかなかの音です。ちなみにこの左官工事屋さん うちの患者さんでした。

いつものように写真を撮りにいったら、70歳過ぎた患者さんがショベルカーに乗っていました。

地元のつながりは大事ですね。

10月15日

工事の途中に業者さんから、「水道管のまわりを切削するので断水させるかもしれません」とのこと

これ我々の仕事は水がでないと仕事にならないわけです。

なので、お昼休みに工事をお願いしました。

スタッフからLINEで「トイレのお水がでません!」と昼寝中に起こされました。

やはり早めに伝えておくべきでしたね。ごめんなさい。

10月17日

医院の風除室に、ボードを書き換えて患者さんに告知をしました。

以前より院内新聞等で告知していましたが、本格的に工事が始まっていますので、再度の告知です。

10月21日

工事の予定には、多分入っていないであろう、地盤調査をしています。

地盤が傾いていると、コンクリやら盛り土をするようです。

義父が業者から説明を聞いていました。地面に100KGの圧をかけて、

地盤が硬いかどうかを確認するそうです。軟らかい場合は杭を打つらしいです。

(これは工期の日程と費用に入っているのかな???)

 

10月22日

足場が組まれ、防音のシートが張られました。

ちなみに、足場を組んで頂いた人も患者さんでした。

色んなとこで患者さんとつながっています。田舎の良さだと思います。

10月23日

測量をしています。この写真は業者さんに頼んでポーズを取ってもらいました(笑)

10月27日

自宅の駐車場を2台分を増築スペースにしているので、近くの駐車場を借りることになりました。

11月より借ります。月額1台3000円です。

11月1日

業者さんから地盤調査の結果、地盤を補強したほうが良いとのことでした。

ここで、問題が発生しました。

この工事は、見積りに入っていないのです。

この話は、業者さん曰く「追加工事があるかもということは契約時の話の時にしました」

とのこと。

私と妻は「聞いていない」、「知らない」

業者「他の人がいるときに話しています」

結局、言った言わない、聞いていないの話になりました。

もし聞いていたとしても、金額もいくらになるとは言っていない。

だから冗談ではなく本当に覚えていない。

歯科材料屋さんも同席していたので、確認したら、

「話の流れの中でサラッと言っていました」とのこと。

私はこの件に関して、営業の方ではなく、社長に直接電話して、苦情を伝えました。

今回のこの件は、「業者は言ったからよし」にはならないと思います。

本当に知らなかったのに、突然「地盤調査しました。補強工事約70万お願いします」ですよ。

追加の金額の提示があるくらいなら、最初から見積書に入れておくべき。

どれくらい非常識かと言えば、10月から始まったのに、何の事前説明なしに追加工事約70万ですよ。

せめて事前に「追加工事はいくらくらいになるかもしれません」と言わないと。

銀行に見積もりして契約終わってんじゃん(怒)

また借りる? とても手間なんだけど(呆れ)

余分な時間と経費が発生することを彼らはなんと思っているのだろうか?

この先、こんな感じで進んで、また追加とか言われると思うと、疑心暗鬼を生じます。

私の自宅も翁先生の自宅も2008年のリニューアル開院時もここの業者さんにお世話に

なっているけど・・・。

私たちの歯科の仕事でも患者さんとこのような形にならないように、

きちんと説明をしてから治療をしていますよね。

これから新規で開業する先生、増築する先生にも契約内容だけでなく、

きちんとコミュニケーションを担当者と取った方が良いです。

確かに、私たちも時間に追われているので気持ちに余裕がなく、落ち着いて話を聞くという

スタンスを取るという点では、反省すべき点はあるでしょう。

しかし、それを差し引いても納得がいかない。

もう1回書きたい。

普通の注文住宅を建てる時に、3200万で契約して、

何の情報もなく約70万追加になりますか?

見識を疑いますよね?

おそらく、こんな感じで増築工事を進められると考えると、私の精神衛生上よくないので、

再度契約の説明と今後追加工事になった場合の件の対応もきちんと釘を刺しておきます。

工期が遅れたら、1日当たりの賠償金を支払う契約書でも作ったほうが良いのかな?

無駄なエネルギーを費やしています(涙)

11月

インターバル助成金を活用しました。審査が通過したとの通知がありました。

私の周りの先生では、比較的何でも審査が通過しているようです。

金額の上限はありますが、自動精算機、アイテロなどで申請されています。

当医院では、滅菌に関するもの3つを申請しました。

オートクレーブ、急速滅菌機、石膏自動練和器です。

もう受付終了の県もあるそうです。

 

11月3日

現状はこんな感じです。

地盤の補強の工事に入るようです。

11月8日

 

外枠が作る準備をしているようです。