子どもの舌があまり前に出ないので、舌が短いと思います。 将来舌たらずな声にならないか心配です。

A

舌小帯が正常かどうかの診断

舌小帯が正常かどうかの診断

舌小帯が短い症例

舌小帯の切除を行った方が良い症例

舌小帯の切除を行った方が良い症例

舌小帯切除(伸展)術を行うメリット

  • 術後に機能訓練を行うことにより、発音や滑舌が良くなる
  • 舌が動きやすくなるために、だ液がでるようになる
  • だ液が出ることにより、お口の中の環境が良くなり、むし歯が出来にくくなる

治療について

  • 保険診療で行うことができます
  • 基本的には局所麻酔で行います
  • レーザー治療、高周波治療機、メスなどいくつかの治療の方法があります
  • 詳しくは、かかりつけ医へご相談ください

舌小帯を伸ばそう

舌小帯を伸ばしてみよう

  • 舌小帯とは、舌の裏側にある「スジ」のことです。
  • 舌小帯が短いと発音が聞き取りににくく、いわゆる舌足らずな喋り方になります。
  • 低年齢では短い子も多いのですが、おしゃべりや上手に舌を使い食事をすることにより、少しずつ伸びていきます。
  • 最近では伸びにくいお子さんも多いのでトレーニングを紹介します。

舌小帯を伸ばすトレーニング方法1

舌小帯を伸ばすトレーニング方法②

舌小帯を伸ばすトレーニング方法③

舌小帯を伸ばすトレーニング方法④

舌小帯を伸ばすトレーニング方法⑤

 

前の記事

POIC WATER